2014年08月26日

「静岡の建築家とつくる家」掲載

0624Re_hiro_asso-02.jpg

「静岡の建築家とつくる家」に掲載されました。

8月下旬には本屋さんに並ぶ予定です。

一般の建築雑誌とは違い、「建築設計事務所」のみに特化された書籍です。


以下、本誌「はじめに」から抜粋。

家づくりは人生最大のイベントです。
限られた予算のなかで、あれもしたい、これもしたいと、
望みは数限りなく出てくるもの。
そこで重要なのは、誰に頼むか、です。
ハウスメーカーや工務店でしょうか。
それともいっそ建売住宅にしますか?
あなたがもし、本当にすみずみまで
自分の考えが反映された
満足のいく家をつくりたいと考えるなら、
そのとき最も頼りになるのが、「建築家」です。
「建築家に頼むと、設計料の分だけ高くなる」といわれますが、
ハウスメーカーや工務店では、工事費の中に設計料が含まれ、
しかも建て主の立場で工事を監視する機能が
ほとんど存在しません。
建築家はプロの目で工事現場をチェックし、
手抜きや不適切な工事を未然に防ぎ、
建て主の利益を守ります。
トータルに考えると、結局、建築家に頼んだほうが
安くあがる場合が多々あります。
終始、建て主の考えによりそい、
それを限られた予算のなかで最大限に実現するのが、
建築家の役割なのです。。。


本屋さんで手にとって見て下さい。
posted by ひろあそ at 15:56| 書籍
アクセスカウンター